薬剤師の転職を成功させた方法

給与アップが見込めず薬剤師専用の求人サイトで職探し

職場の給与に不満がありまして、今後も大幅な昇給を見込めないことがわかりました。
医療関係の仕事は収入が安定していますが、昇給と考えると弱い部分があります。
そこで薬剤師専用の求人サイトを活用し、転職することを考えたわけです。
地元の求人誌と比較して多くの案件が紹介されており、新着求人だけで5〜6万件もあるのです。
常に安定しているので、いつでも仕事探しができるという安心感がありました。
ほかにも非公開求人が豊富にありまして、選択肢は本当にたくさんありました。
選択肢があると選ぶ楽しみがありますし、条件をシビアに設定しても意外と簡単に見つかったりします。
案件数は多いほどよく、自分が利用したサイトは勤務地や雇用形態などを自由に選択できました。
もちろん年収で比較するのも可能ですから、年収が今より高い職場をターゲットにしたのです。

薬剤師・薬学生必見!薬剤師の活躍の場は沢山あります。
主な業種を一挙ご紹介します! https://t.co/KSPvljK5RO  薬剤師の就職先・転職先はどう選ぶ?人事担当経験者がお答えします!

— Pharmacist_Income@薬剤師の収入UP応援 (@ph_income) 2019年7月9日
実際に年収比較をしてわかったことは、職場によって100万円以上の差は普通にあることです。
一般企業を例にしても100万円という差は非常に大きいでしょう。
もともと転職したい理由は給与の少なさにありましたので、年収には特にこだわりました。
求人サイトのエージェントにも相談したところ、自分にぴったりの案件を紹介してもらえました。
マッチング案件を紹介してもらうコツは、とにかく条件を詳しく伝えておくことですね。
あとはエージェントがプロの視点から探してくれますので、迷ったときは自分で探さないほうがいいかもしれません。
客観的な立場から検索してもらえれば、失敗する確率は低くなるでしょう。
エージェントは非常に話しやすい人で、過去に薬剤師として調剤薬局で働いていたそうです。
薬剤師のことを詳細まで把握しているので、話が非常に通じやすかったです。

給与アップが見込めず薬剤師専用の求人サイトで職探しエージェントのサポートや条件検索で効率的に探せる3週間で転職に成功し年収も160万円アップ